> クラブミュージックで定番のHIPHOPダンス

クラブミュージックで定番のHIPHOPダンス

クラブミュージック洋楽の定番と言えば、HIPHOPです。日本の小中学校では学習指導要領が改定され、HIPHOPダンスが必修科目に選ばれるほど、メジャーで身近な存在となりました。そんなクラブミュージック洋楽でも人気の高いHIPHOPに合わせて、ダンスをするメリットについてご紹介します。

HIPHOPダンスとは

HIPHOPダンスとは、1970年代にブラック・カルチャーから生まれたHIPHOPに合わせて踊るダンスのことです。音楽に合わせ、アップやダウンなどのリズムを取りながらステップしたり、振り付けをして踊ります。

ストリートダンスのなかで最もメジャーなダンスで、ダンスの基本スタイルとなります。現代においては、人気の高いアーティストグループなどの影響もあり、動きの速い激しいダンスが特徴的です。

HIPHOPダンスのメリットとは

HIPHOPはクラブミュージック洋楽の1種ですから、リズミカルにダンスするだけで楽しいものです。しかし、楽しいだけでなく、他にもメリットがあるのがHIPHOPダンスの良いところです。現代ではパソコンやスマートフォン、TVゲームなど身体を動かさずとも楽しめる機器が多くあります。

こうしたものに没頭してしまうと、運動不足に陥り健康を損なう原因にもなります。ダンスをすることによって、こうした運動不足を解消することにも繋がります。また上述したように、近年では動きの速い激しいダンスなども登場し、運動不足解消だけでなく、程良い筋力をつけることができます。

小さいうちからのHIPHOPダンスはおすすめ

HIPHOPダンスが必修科目になるということは、子どもにもメリットがあります。幼い頃からダンスを経験しておくと、リズム感を身につけることができます。例え、学校に通っている期間しかダンスをしなかったとしても、幼い頃に身につけた感覚というのは、大人になっても体が覚えているものです。

リズム感は踊る時だけに必要なものではなく、スポーツや音楽など様々なシーンに求められるようになります。せめて学校に通っている間は、授業で習う他でもダンスの練習をさせてみてはいかがでしょうか。リズム感が得られるだけでなく、親子間のコミュニケーションを深めるきっかけにも繋がります。

また、脳科学的にも効果があると言われています。HIPHOPダンスにはエアロビクス(有酸素運動)の要素、エクササイズの要素、音楽の要素が入っており、幼少期から行うことで成人してからの肥満傾向が低く、またそれに関係する疾病リスクも低くなるようです。また運動学習という脳領域にも関係があり、知的能力や自己制御力、社会コミュニケーション力が向上するとも言われています。さらには音楽療法としてメンタルヘルスケアにも使われているようです。

ダンススタイルでも人気な「アングラヒップホップ」

HIPHOPダンス人口で一番多いスタイルといえば、「ニュースクール」ですが、重低音やグルーブ感を出す演出として人気なのが「アングラヒップホップ」スタイルです。「ニュースクール」と「ミドルスクール」を合わせたようなダンススタイルは、KRS-ONEやノトーリアス・B.I.G. 、ウータンクランやモブディープの楽曲に合わせて、強いビートを踊るのが人気です。

ご自宅でHIPHOPダンスを練習する際に欠かせないのが、CDです。当店では洋楽ベストのミックスCDやHIPHOPのMixCDなどを幅広く取り揃えております。お好みのCDを使ってダンスの練習をすれば、早く上達することができるでしょう。