> ヒップホップスラングを理解しよう

ヒップホップスラングを理解しよう

ヒップホップの歌詞に注目してみると、多くのスラングが使われています。仲間内だけに通じる「暗号」のようなスラングの意味を正しく理解しておくと、より深くヒップホップ音楽を楽しめるはずです。こちらでは、様々な種類のあるスラングの具体例をご紹介します。

ヒップホップスラングの例

人に対して使われるスラング

・魅力的な女性
betty(べティー)、bird(バード)、foxy(フォクシー)、shorty(ショーティ)、chick(チック)、candy(キャンディー)など

・友人や親友
buddy(バディー)、dawg(ドーグ)、dog(ドッグ)、dirty(ダーティ)、my man(マイメン)、peeps(ピープス)、homie(ホーミー)など

感情的な言い回しのスラング

・最高やカッコイイという意味
bomb(ボム)、def(デフ)、dope(ドープ)、fly(フライ)、kick ass(キックアス)、kickin’(キッキン)、phat(ファット)、rule(ルール)、tight(タイト)など

・尊敬や慕う意味
big up(ビガップ)、props(プロップス)、respect(リスペクト)、juice(ジュース)など

スラングで洋楽が伝えている本来の意味を理解しよう

独自の世界観を持っているヒップホップの歌詞には、同じような意味合いでも言葉の違いによって伝えたい表現が変わってきます。そのため、スラングの種類も幅広く存在します。歌詞の流れや雰囲気とスラングを合わせる事で、本来の深い意味が理解できるのです。時代の移り変わりと共にスラングも変化しているので、すでに使用頻度が落ちているものもありますが、正しく把握していると、歌詞の意味を理解できてアーティストの想いを感じ取れます。

当店では、アンダーグラウンドヒップホップからメインストリームまで、幅広い種類のMixCDを通販でご提供しております。ヒップホップやR&Bなどのクラブミュージックを格安価格で揃えておりますので、この機会にご注文ください。お気に入りの洋楽でもスラングを把握した上で、改めて聴いてみると新たな発見がある場合もありますので、ぜひ歌詞の中に散りばめられているスラングに注目してみてください。