> DJに必要な機材

DJに必要な機材

クラブでプレイしているDJのターンテーブルを操る手元を見ているだけで、不思議な感覚になった方も多いのではないでしょうか。音楽好きなら一度は憧れる「DJ」になりたいと思っている方へ、意外と知られていない「DJ機材の種類」についてご紹介します。

パソコンを使用する「PCDJ」

現在、世界中で最もシェアを伸ばしているDJ機材です。パソコンに専用のソフトをインストールし、コントローラーなどの周辺機器を接続するだけで、ターンテーブル並みのスクラッチが再現できます。PCDJの一番の魅力は省スペースでプレイできる上、パソコンで全て管理できるので、自身の機材を持ち込む際も楽です。しかし、音源などもパソコンで全て管理しているので、パソコンが故障・破損した場合の損失は相当なものです。また、音質を求める方にはもの足りなさを感じてしまうようです。

CDを使用する「CDJ」

これまでのようにレコードではなく、CDを使ってプレイする機材を指しています。CDJの特徴は音源が取り込まれているCDがあればプレイする事ができます。DJの醍醐味である「スクラッチ」ができない機種が多く、「スクラッチ」にこだわりたいなら、その分高額になってしまいます。また、大音量で聞いたときの重低音感なども少し寂しく感じます。

レコードを使用する「アナログターンテーブル」

昔ながらのDJ機材で、レコードを使いプレイします。DJを全く知らない人からすれば、DJ=ターンテーブルでレコードを回し「キュルキュル」と巧みにスクラッチをしている人をイメージするのではないでしょうか。まさしくこれが「王道スタイル」と言っても過言ではありません。レコード独特の音域や低質は、デジタルで再現できない域にあるため、音質にこだわる方はアナログターンテーブルを使っている事が多いのも特徴です。

このようにDJ機材は3タイプに分ける事ができます。他にも必要となる機材がありますので、DJになりたいとお考えなら一度調べてみましょう。

当店は、洋楽ヒップホップを中心に取り扱うミックスCD通販専門店です。アンダーグラウンドからメインストリームまで、幅広いジャンルのミックスCDをご用意しております。また、レコードも取り扱っており、お客様が探していたレアな1枚に出会えるかもしれません。視聴可能なミックスCD専門店をお探しなら、ぜひ当店をご利用ください。